2010年にリリースしたiOSアプリ「パンダピアノ」を、Androidに移植しました!2017年元旦リリース!

f:id:i24appnet:20170103180122j:plain

「パンダピアノ」は、子どものオモチャをイメージして作りました。パンダの目と鼻も楽器になってます。演奏するとこんな感じ。

鍵盤が1オクターブしかないけど、なかなか楽しいでしょ?他にも演奏した動画があるので、ぜひ見てください!

こんな曲も弾ける!楽器アプリ「パンダピアノ」演奏動画13本まとめ - NAVER まとめ

「弾いてみた」という報告&動画もお待ちしてます!o(´∀`)oワクワク

パンダピアノで弾いてみた by 24appnet - ニコニコ動画

7年目の移植

iOS版を2010年にリリースしてから、もう7年近く経ってしまいました。「Androidに移植したい」と言いながらなかなか開発が進みませんでしたが、この年末年始のお休みを利用して「えいっ!」と完成させました。

今回のAndroid版は、Corona SDKを使って開発しました。Visual Studio Codeでコードを書いて、DeployGateで実機に転送して動作確認しました。Corona SDKのAPIリファレンスは、Dashを使うと読みやすいです。

画像素材は、iOS版のものを流用してます。iOS版は、今はなきAdobe Fireworksでデザインしました。Android版作成にあたって、画像の修正や加工がちょっと必要だったので、Pixelmatorを使いました。

たいへんたいへん遅くなりました

おかげさまで、iOS版は40万ダウンロードを突破しました!リリースして7年が経った今でも遊んでいただいて、本当に嬉しいです!リリース当時遊んでくれていたお子さんは、もう小学生とか中学生ですよね・・(しみじみ)

リリース当時、「Android版はないの?」という問い合わせをいくつかいただきました。たいへんたいへん遅くなりましたが、Android版パンダピアノをお届けします。ダウンロードして遊んでいただけると幸いです。m(_ _)m

  • Android版:パンダピアノ - Google Play の Android アプリ
  • iOS版:パンダピアノを App Store で

Dark&LightBW#002♪

2018/07/06

 

Dark × Lightな世界♫

 千と千尋の映画に出てきそうな場所。何時行っても癒やされるわ・・・

DSC00676

 

つづく・・・

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

Dettaglio di libri : El cielo está envuelto en cadenas è stato scritto da Pamela Díaz quale conosciuto come autore e hanno scritto molti libri interessanti con grande narrazione. El cielo está envuelto en cadenas è stato uno dei libri populer sul 2016. E contiene 553 pagine e disponibile in formato eBook Kindle. Questo libro è stato molto sorpreso per la sua 4,9 rating e ottenuto circa 8 recensioni degli utenti. Così, dopo aver terminato la lettura di questo libro, vi consiglio ai lettori di non sottovalutare questo grande libro. Si dovrebbe prendere El cielo está envuelto en cadenas come lista di lettura o sarai pentirete, perché non si è ancora leggerlo nel vivo.

Copertina del libro El cielo está envuelto en cadenas

Descrizione di libri El cielo está envuelto en cadenas

El cielo está envuelto en cadenas : Vivir o morir. Todo se reduce a eso. Y en otras muchas ocasiones, simplemente a sobrevivir. Pero ¿cómo hacerlo en un mundo lleno de sombras y sangre, de crueldad y violencia, de perversión e incertidumbre? ¿Cómo conseguirlo cuando la atracción entre dos almas destrozadas, cuyo destino está unido y regido por la muerte, la venganza y las mentiras, se torna en deseo, el deseo en amor y el amor en una enfermiza obsesión? El pasado acecha. El presente apremia. Y el futuro no podría ser más desesperanzador. Descubre la intrigante historia de Zack y Linda; dos corazones agrietados por profundas y horrendas cicatrices, donde la magnitud de lo que sienten es lo único que puede salvarles... Y también lo único que puede romperles por completo.


モーニング娘。の時代から、ある程度の規模のアイドルはオーディションから密着をされ、その段階で興味を持たれている人に対して思い入れを作らせ、合格した時点からもうファンとして動いてもらえるように作られている。

ステージに立っていないアイドルの人間らしさや成長に心を動かされ、ファンになる。

出だしがある程度の規模でないものについても、その原理を利用してグループとしてのドラマを売り出すことで共感させ、応援させるやり方が多くなってると思う。

アイドルに限らずヲタクは目の前にある事象、人物に対して、各々がドラマを作り上げ膨らませて気持ちを高めることができる特性を持っていると思う。

それを各々が形にしていったのが2次創作文化である。

それを運営側が分かりやすく、かつドラマティックに個人のパーソナリティーやグループとして乗り越えてきた挫折や困難を形にして、その場に居合わせてない人に対しても説明してあげることで、パーソナリティーを言動や振る舞いから想像する力や過去の事象に対して探究する熱意のない人に対してすごく簡単に強い共感を作ることができる。

それをしてあげることで、メディアでもそれをテンプレートにすれば簡単にお茶の間に紹介できる。

未だにアイドルはとりあえず笑っておけばチヤホヤされてガポガポ儲かるんでしょっていうのが基本の思考回路の方はそれなりにいて、そういう方には、その説明があるとないでは全然響き方が違う。

既存の顧客以外に響かせるやり方としては、非常に有効なやり方だと思う。

ドラマで思い入れを作らせるのはアイドルだけのやり方ではないし、熱闘甲子園が毎年需要があるように、スポーツの世界も同じ。

プロレスや格闘技については、資金力のある団体であれば重要な試合については選手入場前にこその試合が組まれるまでのドラマを数分感にまとめたものを作りそれをモニターで流すことで観客の気持ちを高める。

そのやり方を踏襲しているのがももクロさんのライブ。

ハローなどでは単純に呼び込みとして名前と写真が次々に出てくることが多かったOPに対して、インタビューやリハーサルの映像(泣いてるところ)などにすることで感情を昂らせる効果を高めている。

なにも知らなくてライブに行っても、最初のVTRでその場で感情を昂らせてもらえる。

楽曲としてパーソナリティーをそれを全面にもってきたのがでんぱ組さん。

W.W.Dと、その後に出してた「でんぱブック」もそれをより膨らませたもので、まさにネガティブな女の子達が出会う奇跡と戦ってきた軌跡をまとめたもの。

入り口としては素晴らしく明快で、共感しやすいものを作った。

自分が出会ってなかった時代の苦労も手に取るように、その時に居合わせたかのように知ることができる。

初めからメディアでドラマを流していたグループではないからこそのやり方。

そこから現在に至る訳で、そのやり方が結果に繋がってることは分かる。

 

関ジャニ∞もジャニーズとしては数少ないドラマ売りをしているグループ。

 

8周年の際に改めて結成からデビュー、そして内君のことを語り、本にした。写真集と8祭のパンフレットとして。

それなりに長く彼らのファンをやってきてたけど、全然紙媒体のインタビューを読んでこなかったから、改めてまとめられたその本で急激にそれぞれのメンバーに対しての思い入れを強くさせられてしまった。

最近じゃ他にもドラマチックな展開をしてるグループは沢山あるんだけど、まだ過去のこととして語れるタイミングにはなってないよね。

 

ただ、タイトルでも分けているけど、メリットだけではないと思うので、デメリットと思う部分も書く。

f:id:n-yamaguchi469:20150421220614j:plain

 

www.n-pri.jp

 

印刷業界、すごい。

宣伝とかじゃないんですが、先日とある方が教えてくださった「しまうまプリント」のコスパが引くほど良いです。世界一周中に撮りためた写真と文章をフォトブックにするというお仕事をいただいたのですが、なんとこの「しまうまプリント」なら、文庫サイズのフォトブックが一冊198円から作れちゃう。え?どういうこと

 

どうやらいろんな作業をひとつの工場でほとんど機械がやってくれているらしいのですが、それにしても安い、安すぎる。

 

これは旅人にも役立つのではないでしょうか

わたしのまわりにも旅人が多いのですが、きっと旅中に撮影した写真は膨大なデータとなってパソコンのフォルダの海に沈没しているに違いない。わたしだけ?それをこうやって手軽にフォトブックにできるのは、とっても素敵だなあと思いました。早速誰かにプレゼントしたくなった。

 

例えば、大学生活で撮りまくった写真を、春から社会人として頑張っている友達に渡すのもいいし。お世話になった先輩にあのときの写真をまとめて渡すのもいいし。昔のペットの写真をまとめて家に置いておくのもいいし。ヘナタトゥーのデザイン集を集めてお客さんにデザイン選んでもらうときの参考にしてもらってもいいし。

 

別に宣伝とかじゃないけど。笑

 

技術の進化ってほんとに良いことだらけ?

で、こんなに安い理由は作業工程の多くが機械化されたことによるみたいですが、それってどうなの。

利用する側としては安くて早くて簡単で嬉しいけれど、もともとは人の手でされていた作業が機械のほうが安く早くできるってことですよね?ミスも起こらないし。

ってことは今後こうやってどんどんいろんな仕事が機械化されて、人間のしごとが減っていくってことですよね?

 

わたしがオトナになったとき、残っている仕事って何なんだろう。

久しぶりに奥様と外食です。

今日のお店は、牡蠣専門レストランです。

奥様が牡蠣好きだっで、デートで行っていました。今回は結婚後初めて行くことになりました。久々の来店で、テンションが上がります。

今回は、コース料理をお願いしました。コース料理の方がお得感があります。

f:id:TOMOYASU:20160221113946j:plain

最初にお通しと、乾杯ビールです。

この大根、牡蠣のだしが染み渡っていて、美味でした。薄味で品のある味でした。 

次は、生ガキです。

兵庫県たつの市「室津産」の生ガキと、長崎県諫早市「小長井町産」の生ガキです。

f:id:TOMOYASU:20160221114659j:plain

 これが、するっと口に入り、とろけるおいしさでした。

奥様とお互い2個ずつ、計4個いただきました。生ガキがお互い今回一番食べたかったものなので、大満足でした。 

 次は箸休めのサラダです。

f:id:TOMOYASU:20160221114740j:plain

飾り切りをしているのが、にんじんで、色とりどりの野菜を目で楽しめました。左の特製ドレッシングでさっぱりいただきました。 

次は、焼き牡蠣です。日本酒をオーダーしてみました。

f:id:TOMOYASU:20160221114833j:plain

 焼いても身がぷりぷり、チーズ焼き、ガーリック焼とも、素材とトッピングの味のハーモニーが絶妙でした。 

締めの蕎麦、牡蠣そばです。

f:id:TOMOYASU:20160221121329j:plain

そばつゆの味が、牡蠣のだしと相成って、しっかりしています。

蕎麦も、歯ごたえやこしがあり、のど越しも最高でした。 

そしてデザートです。

f:id:TOMOYASU:20160221121351j:plain

アイスクリームとトッピングの生クリームがなめらかで、クリーミーな味わいでした。

 気になるお会計は、コース料理とドリンク飲み放題(1.5H)で、一人4,500円でした。

一人1,000円分のクーポンがあったので、二人で8,000円でした。 

大満足な豪華夕食でした。至福のひと時を過ごしました。


 えー、アイドルソングと同様にアニソンも好きなわりに、アニソン、声優系のライブとなると新谷良子くらいしか行ったことがなく、そのうち行ってみたいと思いつつなかなか実現できずにいるんですが、今回、通常?のアイドルイベントにあの能登有沙がでるというではありませんか!
 これはいつかくる声優ライブデビューに向けての前哨戦として行くしかあるまい!ということで、月曜からいそいそと出かけてまいりました。結果、めちゃくちゃ楽しいイベントでいろいろ得した気分(多分、能登有沙が出てなかったら行ってない)。

吉田凜音

 バックダンサー付きでのライブは何回か見たことありますが、今回は完全に一人。なんつうかお高くとまったお嬢さん系ソロアイドル(いや中学生だけど)というイメージでしたが、今回は等身大的な趣で非常に可愛らしいステージ。堂々とした客いじりといい、とても中学生にはみえません(笑)。なんというかある意味メジャー感のあるアイドルかも。

滝口成美

 こちらはややセクシー系というか歌って踊るアイドル(まあアイドルはたいていそうですが)で、趣はかなり標準的。ややこれ!といった特徴が少ない気もする。

能登有沙

 そして能登有沙登場!StylipSのメンバーで、自称系の声優とは違って正真正銘の声優(アイドル)。非常に堂々たるステージでなんとなく風格の違いを感じさせる。というかやはりアイドルと声優では何か違うということなのか、それとも能登有沙の資質なのか。とか書いてるけど、能登有沙ってそもそもハロプロ系出身のアイドルから声優への転身組なわけで、どうみても能登有沙個人の資質だよね。
 この日は完全にソロとしてのライブで、特に知ってる曲はなかったけれど、非常にスムーズでいいライブだった。ただまあ個人的にはあまりにスルッとしすぎてる感がなくもなかったけど。
 あと、声の通りはさすが!といった感じ。マイクへの通りがいいというのかな、きちんと声が聞こえてくる。アイドルのライブって声があまり聞こえない場合も多いので案外新鮮だった。
 そして客。ここまでステージ前方はほぼ能登有沙のファンで埋まっており、そのせいか客の歓声もいつもとやや違った印象。元気という意味ではいつもと同じ、ただPPPHやケチャはあるけどmixがない。そしてやたらとノリがよくて厄介な感じがなく陽的な応援という感じ。なんかおもしろい(笑)。
 あと、おそらく関係者席にいた吉川友にツッコミいれてました。これまたよく考えたらハロプロ同窓生ですか(笑)。

椎名ぴかりん

 今回テレビの取材が入ってることもあってかバックダンサー2人つけたいつものステージで、正直このクラスの箱にあう感じではありませんが、逆にいうとこれ観れるファンは非常にお得ということか。といってもまあ椎名ぴかりんそこまで大物ってわけでもないですが。
 いやあ、しかし相変わらずふわふわ不安定なステージングはなんつうかおもしろい(笑)。曲のメジャー感に比してステージングのインディー感というか素人感のコントラストが非常に素晴らしい。かぶせてはいるけどきちんと生声とおしてるのもグッジョブ。
 ただ、この日はテレビの取材のせいなのかいつものちょっとずれてるMCは抑え気味でそこはひとつ残念。
 あと、これまた客(笑)。最前列は完全に椎名ぴかりんのファン。しかし中央はアイドルファンで、最前が黄色い声援、後方ではヲタ芸というなんとも異様な空間(笑)。

寺嶋由芙

 そこそこ久しぶりな気がしますが、以前みたようなSSW的な佇まいはうすくなり、かなり純然たるアイドルな趣。多分これは本人の問題と言うより以前よりもわいわい騒がしいファンの盛り上がりの方にあるような気もする。
 しかし、声量も以前より増して、シンガーとしての風格はけっこうでてきた気がする。ステージング映えもかなりいい感じ。

小桃音まい

 このクラスの箱だとやはりすごいね小桃音まい。とにかく客をのせる曲とパフォーマンスは素晴らしいの一言。しかし、まさか小桃音まいが恋愛サーキュレーションを歌う(しかも持ち歌)とは思わなかった。趣はかなり変わってたけど。

吉川友

 これまたこのクラスの箱で見られる機会の少なそうな人。正直、雰囲気も曲も好きなタイプではないんですが、今日のイベント自体をきちんと踏まえたMCやパフォーマンスを披露したり、客を巻き込むステージングはさすが。今のアイドル、意外にこの辺臨機応変にできる人少ないんだよね。まあイベント数が多いせいなのかもしれないけど、通り一遍ステージやって終わり、ってなアイドルが多いというか。

小池美由

 前回見たときに人気出てきたら自虐系ネタも厳しいんでは?(=初見のファンがついてこれない)と思ったんですが、さすがにその辺は控えめというか段々フェードアウトしていく方向にありそう。となるとけっこう可愛らしい曲を歌う普通のアイドルになりそうな感もあっていろいろ難しい局面にある気もする。


今回、正統派アイドルに声優、モデル、読モ系などまさに異種混交いりまじったイベントで、そのせいでバラエティにとびまくってて非常に楽しかった。こういうメンツの集め方はなかかなに珍しい気もするのでまたやってほしいかも。

 

昨日の補足的な要素あります。

 

 

あくまでも聞いたことはないので悪しからず。

 

 

 

 

 

師がレポを書いてくださっているのでこれも参考にしつつ。

 

 

 

 

で、公式Twitterにすんごい情報が出てたんですよ。

 

 

この作曲と編曲を手掛けた睦月周平という人。

 

睦月周平 - Wikipedia

 

 

  • アイドルマスターシンデレラガールズ
    「恋色エナジー」(作曲)
  • アイドルマスター ミリオンライブ!
    「Cut. Cut. Cut.」(作曲・編曲)
    「深層マーメイド」(作曲・編曲)
    「ランニング・ハイッ」(作曲・編曲)

 

 

アイマス曲作ってるぅーーーーーーーっ!

 

 

Machico

「キミコンパス」(作曲・編曲)

ついでにアイマス声優の曲にも携わってる。

 

 

この中で私がCDを持っているのはCut.Cut.Cut.だけなので、Cut.Cut.Cut.を絡めて描きます。

 

 

 

参考程度に視聴動画貼っときます。

 

 

 

 

Cut.Cut.Cut.が入っているのはTHE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMS 03(以下LTD03)。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170205204803j:plain

 

 

私は箱崎星梨花(右下の2人組の左の子)担当なのでたまたまこれを買っていました。

 

 

 

LTD03は

 

この時書いたSmiling Crescentも収録されている名盤です。

 

(というか1/9の暴走してる記事に色々詰め込んでて最近貼りまくってるな)

 

 

 

 

 

で、Cut.Cut.Cut.がどういう曲か。

 

 

周防真壁コンビで歌う曲で雰囲気周防に合わせてるから真壁が良い感じで~とかそういうどうでもいいことは置いておいて、

 

 

とにかくハモリが美しい曲です。

 

 

ミリオンのユニット曲自体ハモリ楽曲多いのもあるけどね。

 

 

基本どんな曲にも3度とか5度とかの音階使えばハモリになりますが、この曲はハモリ前提で作られています

 

 

そして周防の声が入る前提でも作られていますが、これは今回はどうでもいい。

 

 

とにかくハモリを活かした曲です。

 

 

裏の音がハモリを引き立ててるとかそういうのもハモリが活きてる理由です。

 

 

 

 

要は何が言いたいかっていうと、こういうハモリ曲作れる人が今回のはちロケの新曲を作っているということです。

 

 

 

 

 

ここに

 


まずどう考えてもラブライブのモロパクリです

曲の雰囲気も歌詞もラブライブです 文化祭でアイドルやろう!みたいな歌詞です

 

メロディも編曲もモロにアニソンです


ぶっちゃけ乃木坂の指望遠鏡の歌詞をラブライブにすれば まんまです

 

これを「はちロケ売るために売れ線狙ってくれた!」ととるか

「なんかラブライブのパクリのつまんねー楽曲だな」ととるかは その人次第

って感じの評価が真っ二つにわれる楽曲です

 

 

こう書かれてます。

 

 

ラ!にいい印象がない私にとっては「えっ」なんですよね正直なところ()

 

 

なのでなんとも言えないところですが、この新曲、外れではないはずです。

 

 

掛け合いがあるようですし、ハモリとまではいかなくてもはちロケメンバーの声の特徴を捉えた曲に仕上がっててくれてるはずです。

 

 

塚本颯来の声を活かした、そして雨宮かのんの声を逆手に取った、そんな楽曲であってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上妄想と予想と、まとまりませんが。

 

 

 

 

 

 

アイマス最高!!!!!!

 

https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTLLjzusJjenTixuLrHwxE-OsDIoBtNbb4pt95UWhetLMeQDYxETA

(拾いものだけど貼りたかった)

(リンクから埋め込んでるから許して)


PS3・WiiU「仮面ライダー バトライド・ウォーII」第2弾PV いざ、出陣! - YouTube

やべぇ欲しい

なんでVitaでやってくんないんだ?

END

猛暑。

2018/03/10

f:id:kurukurupanpan:20120829212529j:plain

 

残暑どころか、猛暑〜。

暑くて暑くて毎日バテバテですが、

そんな蒸し暑い日々を発作に見舞われることがなく過ごせるようになったことに、
ただただ驚きと感激と幸せがどっかーん。

 

本当に、“進化”ってすごい。

あの頃の自分が思い描いてたことを遥かに遥かに上回っている。

 

今日も早起きして、

自転車で風を感じながら出勤して、

無事働くことができて幸せーーーーーっ!!!!!!!